loveofruiのブログ

リダの類が好きで好きで好き過ぎで、とうとう妄想世界の住民になりました。定期的な更新は仕事柄できませんが、お目汚しとスルーして頂けば、幸いです。
R付きの話を全て下げました。話が続かないところは、ごめんなさい。

俺の、、、

『この子猫の子子猫のつくし』の下書きを、まるっと消してしまって立ち直れず、、、



なので、気分を変えて、短編を、、、





-----


虚しい人生に耐えきれず、海に向かう、、、


冬の海は、まるで俺の心象風景のよう、、、


寒々と冷え冷えと深々と、、、


俺はただ波の音に聞き入る、、、


何度目かのため息が、宙に消えていった時、全世界が停止した、、、


海面は波1つ無く、冷たい鏡面のよう、、、


ただ雲だけが静かに流れ、まあるい月が顔を出し、、、


鏡面に光の道を映し出す、、、


《はあ、あの光の道を歩けたら、このやるせない世界から出ていけるのだろうか、、、》


暗闇の中、絶望と希望を抱いて、ただ光の道を見つめ続ける、、、



その時、りろりろりろと月が瞬き、、、



ちりりんちりりん鈴の音が、、、



光の道に人影が、、、



さやさやさやと歩いて来る、、、



「姫のお渡り、控えませ~♪」


「姫のお渡り、ご覧あれ~♪」



身動きも出来ず、ただただ見とれる俺の側を天女の一行が通り過ぎてゆく、、、



ちりりんちりりん、、、



天露を織ったような薄衣を重ね、豊かな黒髪を裾まで流し、甘やかな香りだけを残して去って行く、、、



ちりりんちりりん、、、



「待って! 待ってください!」



乙女が立ち止まり振り返る、、、



透き通るような白い肌、、、


星を宿した黒曜石の如くの煌めく瞳、、、


ぷっくりした紅い唇、、、


そして、鈴の音のような声、、、



「どなた?」



そう、彼女が俺に話し掛けた時、凍えた心の臓が力強く打ち始め、世界は彩りに溢れた!



「俺、類、花沢類、、、貴女は?」



「つくし、、」



類「どちらへ? 何処に?」



つくし「何処へでも、、、」



類「では、我が家の別荘へ♪」



俺は、天女を捕まえた!



俺の天女、俺の女神♪



俺のかぐや姫♪



日が登り、月の光の道が消えても、可愛いいつくしは、俺の腕の中、、、



穢れを知らぬ白いバラ、、、



美しく花開いた俺の深紅のバラ、、、



薄衣を剥ぎ取り、何度も貫き揺らして、啼かせた俺の子猫、、、



そして、封印が解け、俺は思い出す、、、



類「昔、お前を1度見掛けた、、、


あの時から、俺は百年待った、、、


用意周到に網を張り、決して逃さぬように、、、


お前は未来永劫、俺のもの♪」



つくし「以前、貴方をお見掛けしました、、、


あれから、月日を数えてため息ばかり、、、


あっ、 あん♪


あっ、あぁぁぁぁ!!」





つくし「類~♪


また、寝てる~♪


もう寒いんだから、風邪引いちゃうよ!?


それにしても、類って、本当に王子様みたい、、、」




類《クスッ、俺のかぐや姫は、まだ目覚めていない、、、


俺は巧妙に網を張り巡らせ、お前を捉える、、、


ほら、もう一歩、更にもう一歩、、、》



類「捕まえた♪」



つくし「わわ、類~、起きてたの~?」



類「ん、今、起こされた♪」



つくし「あ、ごめんなさい、、、


煩かった?」



類「つくしの声は、天上の音楽だよ♪」



つくし「類~〃〃〃


あの、離して?」



類「やだ!


折角、つくしが俺の腕に飛び込んで来たのに!?


それに、なんか寒い、、、


つくし、暖めて!?」



つくし「類~!


風邪引いちゃったんじゃない?


ほら、車呼んで、帰って寝なくちゃ!」



類「俺、一人じゃ歩けないかも、、、」



つくし「もう!


こんなところで寝るから!」



類「此処なら、つくしに会えるから、、、


なのに、来るのが遅いよ!」



つくし「はいはい、私が悪うございます♪


ったく、私は授業があるんです!


それに、待ち合わせの約束なんてしていないのに!」



類「なんか、文句が聞こえた気がするけど!?」



つくし「文句などありません!


早く帰りましょ!」



類「うん、帰ったら、つくしが看病して、暖めてよ?」



つくし「はいはい、我が儘坊っちゃん、ちゃっちゃと車に乗って!?」



類「返事は1回!」



つくし「はい!


ったく、病人には優しく、我慢我慢、、、」



類《クスッ、あんた、分かってる?


今日は、お泊まり決定だよ!?


明日は、俺の腕の中であんたの誕生日を迎えるんだよ♪


俺は、何度でもお前を捜し捉える♪


捉えたら、決して離さないよ、俺のかぐや姫♪》

宮(真っ平ごめん)13(完)

シン好きな方はUターンお願いいたします~


--------


皇后「シン、私は頭が痛い!


何故、ヒョリンなどにプロポーズをした?


その場面を見られたからと、殺すと脅すとは、そなたの人格を疑ってしまいますぞ!


それもよりによってチェギョン嬢を脅すとは!」



シン「その時は、シン氏のご令嬢とは知りませんでしたし、いつもダブダブのツナギを着ているので、ただの庶民と思って、、、」



皇后「黙らっしゃい!


庶民ならば、殺すと脅しても良いのですか!


着ている洋服で、その人の価値を決めつけるのですか!


あんなに可愛いいチェギョン嬢を脅すとは!


説得に説得に重ねて、ようやっと1年間だけチェギョン嬢をこちらに編入させて頂ける事になったと言うに!


そんな事を仕出かしておきながら、婚約の話を進めてくれですと!


開いた口がふさがらないとは、この事です!


チェギョン嬢が今更婚約を承知する筈も無い!


もしや、自分の魅力でチェギョン嬢をユルから奪えるとでも?


ユルと比べたら、今のシンは月とスッポン!


もっと自分を磨きなさい!


もっと謙虚になりなさい!


チェギョン嬢との婚約は、有り得ぬ事、宜しいですね?」



シン「でも、私はチェギョンが好きなのです!


チェギョン以外とは結婚したく無いのです!」



皇后「ならば、ヒョリンは、どうなっているのです?」



シン「陛下からヒョリンの資料を頂きました、、、


ヒョリンは、私を騙していたのです!


ヒョリンは、私とは何の関係もございません♪」



皇后「シンよ、今の言葉を聞いて、私が納得すると思うてか!


今更、何の関係も無い?


大学中が、ヒョリンはシンの恋人と認めているのに、ヒョリンを蔑ろにするのですか!」



シン「しかし、ヒョリンは宮には相応しくない、、、」



皇后「ええい! 黙らっしゃい!


ヒョリンを選んだのは、シン、貴方です!


ヒョリンを愛しているのなら、宮と戦う位の気概を見せなさい!


愛していないのなら、玩んだ責任をしっかり取りなさい!


お手伝いの娘だから、私生児だから、性格に問題があるから、などは玩んで捨てて良い理由にはなりません!


チェギョン嬢に関しては、全く望みはありません!


他の女にプロポーズした歯の根が合わぬ内に、チェギョンが良いなどと!


それに、シンは宮の為にチェギョンが欲しかっただけであろう?」



シン「違います!


私は、チェギョンが好きなのです!


愛しているのです!」




皇后「では、言葉を間違えたな、シン!



宮の為だけにチェギョンに入宮して欲しいとしか、受け取れなかったぞ!?


良いか?、、窮屈な宮に入宮してくれる女性は、心からシンを愛している娘か、極めて野心家の娘かのどちらかじゃ!



チェギョン嬢は、そのどちらでもない!


諦めるのじゃ!


全ては、そなたが招いた結果じゃて、、、


こうなっては、王族の中から、そこそこの娘を捜す他はあるまいて、、、


ああ、そうじゃ、ユルとチェギョン嬢の婚約パーティが内々に開かれるそうじゃ、、、


そなたに招待状が届くかは、神のみぞ知るじゃな、、、」






案の定、シンに招待状は届かず、、、



大学で、、、


シン「チェギョン嬢、話をしたいのでお時間頂けますか?、、、」



チェギョン「殿下、ユル君が同席で良いのなら、、、」



シン《そうだな、年頃の男女が二人だけで同席するのは、立場のある者にはスキャンダルになりかねないからな、、、


こう言うところも、しっかりした素晴らしいチェギョン嬢だな、、、》



シン「勿論、ユルにも聞いて欲しい、、、


チェギョン嬢、これ迄の数々の無礼をお詫びします、、、


また、ヒョリンが画策してご迷惑をお掛けして申し訳無かった、、、


ヒョリンにプロポーズしたのも、見知らぬ許嫁よりマシだろうと、その程度の気持ちでした、、、


僕は、宮に反抗する為にヒョリンを側に置いていた、、、


それが、意外に心地よく、今に至ってしまった、、、


全て私の不甲斐なさが招いたことです、、、


チェギョン嬢にお会いしてから、目からウロコが落ちる思いでした、、、


立場のある者が、どのように振る舞うべきか、反省頻りです、、、


そして、気が付けば、チェギョン嬢、貴女を愛してしまいました、、、


チェギョン嬢、貴女がユルを愛しているのは充分理解しているつもりです、、、


けれど、私は諦められないのです、、、


どうか、これからの私を見ていてください、、、


貴女に相応しい男になってみせます!


どうか、私を避けないで頂きたい、、、


私を理解し支える伴侶になって頂きたい!」



ユル「殿下、まだ、そんな事を、、、」



チェギョン「ユル、私に話をさせて?


殿下、殿下のお気持ちは名誉で有り難いです、、、


急なお話で気持ちの整理がつきません、、、


考える時間を頂けますか?」



途端に得意気な顔になるシン、、、


ユルは青ざめて、、、



ユル「チェギョン、、?」



そんなユルに微笑み掛けると、、、



チェギョン「、、、って私が言うのをお望みでしょうが、、、


真っ平ごめん!!、、でございます!


殿下は、まだヒョリンさんにきちんと対応してらっしゃらない、、、


私を愛しているですって?


そんな不誠実な殿下の言葉を信じられるとお考えですか?


殿下の言葉ひとつで、私のユルへの愛が無くなるとでも?


殿下、殿下は宮に反抗していたそうですが、殿下と言う立場にあることで、殿下の言葉ひとつで周囲の人間が思いのままになると勘違いなさっていませんか?、、、


反抗していたと仰りながら、殿下という地位を甘受してらしたのではありませんか?


責任を果たさず、立場を利用するだけ利用してらしたのではないですか?


私は、殿下に比し自由な身分です、、、


けれど自由には自由を貫くための責任が伴うのです、、、


私は、ユルを愛しています、、、


生涯愛するでしょう、、、


だからこそ、プロポーズを受けたのです、、、


殿下は、ヒョリンさんにプロポーズする時に、ヒョリンさんに対する責任、結婚生活を続けていく為の責任をお考えになられましたか?


私には、今の殿下では、殿下の言葉を信じることは出来ません、、、


それに、私の気持ちはそんなに軽いものではありません、、、


私のユルに対する愛情を見くびらないでください、、、」



ユル「シン、いや、殿下、そろそろ失礼いたします、、、


チェギョン?」



チェギョン「殿下、ごきげんよう、、、


お元気で、、、」



シン「・・・・・」



その後、二人はイギリスに戻り、正式な婚約発表を行い、入籍も済ませたそうだ、、、








ファン「殿下、ユル君とチェギョン嬢が、戻ってきているって本当ですか!?」



シン「ああ、陛下と皇后陛下へ婚約祝いのお礼の挨拶をするために、一時的に戻ったようだ、、、」



ファン「この大学で1年間学ぶ予定だったけど、婚約後はイギリスで暮らす事になったって、イギリスの大学に戻ったんだよね?


ユル君が頑張って、入籍も済ませたって聞いたけど、、、


チェギョン嬢は、イギリスでも人気だったから、あちらの御曹子達もショックで大騒ぎになったらしいね?


あちこちの王室からの降るように縁談があっても、ユルを選んだチェギョン嬢、、、


ユルは幸福者だな♪」



シン「世界一の幸せ者だと、ノロケていたよ、、、」



婚約祝いのお礼に皇后陛下を訪問してきた二人の幸せそうな姿を、ため息をついて見つめるシン、、、



シンには、秘密裏に王族の野心家の娘との婚約話が進んでいた、、、



ヒョリンはと言うと、奨学金で海外留学と言う体の良い海外追放になり、その後の消息は誰も知らない、、、



シンは、自分の無責任な行動を思い起こす度に、チェギョンの『自由には責任が伴う』と言う言葉を胸に刻んだ、、、



そして 戒めの為に心で叫ぶのであった、、、



『昔の無責任な俺、真っ平ごめん!!』

宮(真っ平ごめん)12

シン好きな方はUターンお願いいたします~


--------


陛下「皇太子よ、何を言うのだ!?


先程話したであろう!?


もう許嫁の話はのうなったと、、、」



ユル「何を馬鹿な!


チェギョンは私のフィアンセだ!


殿下には、永年の恋人ヒョリンがいらっしゃるではないですか!」



シンは、ユルなど居ないかのように、、、



シン「陛下、お願いです!


宮には、チェギョン嬢のような素晴らしい女性が必要です!


宮の為にも、チェギョン嬢との縁をもう一度繋げて頂けないでしょうか?」



陛下「宮の為にか、、、」



ユル「陛下!」



憤るユルを手を上げて制し、陛下が、、、



陛下「我等も宮にチェギョン嬢が必要であると考えていたからこそ、シン氏に無理を承知でお願いしたのじゃ、、、


チェギョン嬢にイギリスから戻って頂き、この1年間は韓国に滞在する事を合意したのじゃ、、、


後は、シンがチェギョンと愛情を育てられた場合に限って、入宮を進めると言う先先帝の遺言通りの筈じゃった、、、」



シン「ならば、まだ1年経っておりません!


今、縁が無かった事にせずに、1年間の終わりまで私達を見ていてください!」



皇后「・・・・・」



ユル「なんて勝手な事ばかり!」



チェギョン「あの、発言しても宜しいでしょうか?」



陛下「チェギョン嬢、構わぬぞ、チェギョン嬢こそ渦中の人で、意見があろう!?」



チェギョン「はい、陛下、、、


ただご無礼を承知で申し上げることになりますので、お許しを頂ければ、、、」



陛下「構わぬ!


今回の主役のそなたの忌憚の無い意見を聞かせよ♪」



チェギョン「陛下、ありがとうございます♪


では、陛下のお言葉に勇を得まして申し上げます、、、


私は、ユル君とイギリスで幸せな学生生活を送っておりました、、、


ユル君が元皇太子であったという身分のことは、知りませんでした、、、


ユル君の身分については、ほんの数日前にユル君から打ち明けられました、、、


私はそのお話に少々驚きはしましたが、ユル君自身を愛している私の気持ちには、何の影響もございませんでした、、、


今回の大学編入につきましては、1年間だけという条件で、渋々帰国いたしました、、、


その際、父の口から宮の話は一切出ませんでした、、、


きっとまっさらな気持ちで帰国して欲しいと、父は考えてくれたのだと思います、、、


編入初日に嬉しいサプライズが、、、


ユル君が私に内緒に同じ美術科に編入していたのです♪


幼友達も美術科に在籍していて、楽しい学生生活が始まりました、、、


が、間もなく恐ろしい目に合ったのです!」



と、チェギョンはシンに向かい合い、睨み付ける、、、



皇后「恐ろしいこととは?」



チェギョン「陛下、皇后陛下、私は通りすがりに、殿下がヒョリン嬢にプロポーズなさっているのを小耳に挟みました、、、


殿下が、私に気が付き、誰かに話したら一族郎党殺すと脅迫なさいました!」



陛下「なんと、馬鹿な!」



チェギョン「私もシン家の一員ですので、一対一の会話を見知らぬ人と交わす際、用心のため録音し同時にSPや弁護士に送信することになっております、、、


証拠の録音もございましたので、怒っていた私は、逆に脅し返ししてしまいましたが、、、」



シンは、ばつが悪いらしく、そっぽを向いて知らん顔、、、



皇后「皇太子シン、後で話がありますから、残るように!」



チェギョン「その後も、ヒョリンさんが悪さを仕掛けてきましたが、ユル君に助けられました、、、


殿下、殿下はそんなヒョリンさんを諌める事もなく、容認しておいででしたね!?


きっとヒョリンさんを心から愛してらっしゃるからでしょう?


そうでなければ、周囲に置く人物を慎重に選ばなくてはならない立場の皇太子が、ヒョリンさんを永年に渡りお側に置く筈がありませんもの、、、


ましてや、傍若無人な振る舞いを許している筈がありません!


そんな愛する女性がいらっしゃるのに、先程のお言葉にとは!


いくら宮の為とは言え、ヒョリンさんにも私にも誠実ではありませんね!


私は、私だけを愛してくださる誠実な男性と生涯を共にしたいのです♪


そして、その男性は、ユル君です♪


ですから、殿下、先程のお言葉は無かったものと、、、


陛下、皇后陛下におかれましても、殿下の先程のお言葉は、お心に留めることの無いようにお願いいたします♪」



陛下「見事な言い分じゃ!


あい分かった!


そなたとユルの気持ちに揺るぎ無き事、しかと見届けた!


チェギョン嬢や、許しておくれ、、、


皇太子と宮の将来の事ばかり心配して、チェギョン嬢のユルへの気持ちを無視しておった!


済まんことをした、、、


この1年の残りの大学生活を、心置きなく楽しんでくれるよう願う♪


たまには、ユルと宮を訪ねておくれ♪」



皇后「陛下、お二人の婚約のお祝いを用意いたしましょう♪」



陛下「素晴らしい二人には、素晴らしい祝いの品を用意しておくれ♪」