loveofruiのブログ

リダの類が好きで好きで好き過ぎで、とうとう妄想世界の住民になりました。定期的な更新は仕事柄できませんが、お目汚しとスルーして頂けば、幸いです。
R付きの話を全て下げました。話が続かないところは、ごめんなさい。

つくしちゃんと7人の仲間達26


6階のボス、、、



ボス「あら、良くここまでたどり着いたわね!


ここでは、、、」



μ「キャー、ν、ζ、θ、見て見て!


スワンスキーのビーズが一杯~♪


ねっ、ねっ、何作る? 何作ろうか?」



ボス「これ! そこ!


何を勝手に作っているんですか~p!?」



μ「え~!? ダメ?」


必殺の上目使いにボス撃沈♪


ボス「そんなに可愛い顔して~♪


まあ、良いわ♪


貴女達は、好きにやってなさい♪


で、そこのむさ苦しい男共!


じゃなかった、、、全員、超ハンサムじゃない~♪


では、そこの超ハンサム達、今回は、貴方達に作品を作ってもらうわ!


駄作だったら、地下の牢屋行きよ!」



φもρもχもδも、手先が器用なので、苦労せずに仕上げていきます、、、



τ「だーっ!


こんなチマチマとビーズ遊びなんかしてられっかよ!」



φ「τ、ウルサイ!


作らないと、ここに置いてくよ!」



τ「あんだよ!


作りゃ良いんだろ、作りゃ!」



τは、大きな紅いビーズを1つ革紐に通して、チョーカーの出来上がり♪



χ「おまっ! それ、トンボ玉だ!


良く見つけたな♪」



τ「χは、何作ってるんだ?」



χ「帯留めだよ♪


ρは、バラのブローチだろ?」



ρ「今、蕾に取りかかったところだ、、、」



τ「すげえ凝ってるなあ!


φは?」



φ「クマのストラップ、μとペアで作ってる♪」



μ「え~!? どれどれ?


キャー、きゃわいい♪


ありがと、φ♪」



φ「どういたしまして、チュッ♪」



μ「・・・〃〃〃」



δ「μは、何を作ってるんだ?」



μ「皆で、ブレスレット作ってるの♪


私は、φとペアのブレスレット♪」



φ「あい、ありがと♪


ずっと一緒に着けていようね♪


チュッ♪」



μ「φ、、、〃〃〃」



ζ「ほら、τ、寂しそうな顔していないで!


ζの作ったブレスレットをあげるから♪」



ν「わ、私も、、、


χさん、よろしければ、これどうぞ♪」



χ「おっ、νの手作りのブレスレット♪


ペアだろ?」



ν「はい、お嫌じゃなければ、、、」



χ「抹茶色にプルシャンブルーにベビーピンク、、、気に入ったよ♪


ありがとな♪」



ν「〃〃〃」



θ「と言うことで、、、


ρとδには、私からプレゼントですわ♪


私、殿方2人でも、3人でも、受けて立ちますわよ♪」



μ「凄~い、θって~♪


あっという間に3人分作っちゃうなんて!」(←って、そこかい!)



ボス「どれどれ、拝見~♪


δは、ティアラ!


黙々と作っていると思ったら、以外とやるわね~


誰にあげるつもりかな~?


τは、トンボ玉のチョーカーね!


χは帯留め、渋くて品があるわね~♪


ρは、バラのブローチねっ!


蕾まで良く出来ているわ~♪


φは、ペアのクマのストラップねっ!」



ボス「さあて!


誰にプレゼントするのかしら?」



φ「俺は、、、」


ボス「貴方は、言わなくても良いわよ!


μにプレゼントに決まってるんでしょ!?」



τ「俺は、、、」



φ「ζ、τがチョーカーをプレゼントするって!


洋服にピッタリ合うね、流石だね、τのセンス♪」



ζ「キャー、私のために作ってくれたの!?


ありがと~、τ♪」



今さら、μにあげたかったと言えなくなったτ、、、



φの策士振りに、δもχもρも首を振って苦笑い~、、、



ボス「ρのブローチは、、、」



ρ「バラのブローチは、世界一バラが似合う貴女に♪」



φ《流石、年上女が好みのρ、、、》



ボス「ま、まあ、私に? ありがとう♪


フフ、私程、バラが似合う女は、確かにいないかもねぇ~♪」



χ「紫陽花の帯留めも、いつまでも瑞々しい貴女に相応しい♪」と、帯留めを差し出すχ、、、



ボス「あ、あらそう? ありがと♪


フフ、そうなのよ、皆さん、仰るのよ、


どうしてそんなに若々しいのって♪


若く見え過ぎるって罪よねぇ~」



δ「コホン、では、俺からは、クイーンの中のクイーンの貴女に、このティアラを、、、」



ボス「うふ、そうね、このティアラは、美しい私にしか似合わないわね~♪


うん、良いわ♪


私の美しさをちゃんと分かる貴方達、合格♪」

俺達が知らなかったこと18

聡と瑠璃が、類に知られずに花沢邸に到着したのは、類がつくしをお姫様抱っこしてヘリで京都に戻る日の前の晩、、、



花枝「旦那様、奥様、お帰りなさいまし、、、


ですが、類様達は、、、〃〃〃」



聡「どうせ、類がつくしちゃんを一時も離さないで、部屋に籠りきりでしょう!?


奇跡が起きて、つくしちゃんと出会えた類です、、、


今は、二人だけにしてあげましょう♪


私達は、これからいくらでも、つくしちゃんに会えるんですから、、、」



瑠璃「クスッ、貴方、余程策を練らないと、つくしちゃんに会うのは難しいと思いますけど、、、


あの類ですわよ!?


つくしちゃんを見るだけでも、つくしちゃんが減るから見るなって、言い兼ねない子ですわ♪


、、、うん、そうだわ!


早く類達に子供を作ってもらえば、お手伝いと称して、つくしちゃんと遊べるかも!


花枝、類にスタミナドリンクを、、、


食事も精のつくものを中心にね♪


類達が出発したら、改装を直ぐ始められる?


それから、、、」



久々の、心からの弾ける笑顔の瑠璃に、聡も花枝も、瑠璃の暴走?をニコニコ微笑んで見守っております、、、



そして翌朝、、、



ぐったりと意識を飛ばしたままのつくしを、それはそれは大事そうに抱いて、ヘリに乗り込む類を、陰からそっと見守る聡と瑠璃、、、



瑠璃「貴方、類の顔をご覧になりました!?


あんなに幸せそうな笑顔、私、初めて見ましたわ♪」



聡「ああ、以前写真でつくしちゃんと一緒の類の笑顔を見た時に、びっくりしてティーカップをひっくり返してしまったけど、、、


今の類の笑顔には、心ばかりか、体中が震える想いだよ!


ほら!」


と、瑠璃の目の前に差し出した聡の手が小刻みに震えていた、、、



瑠璃「貴方、貴方、私も震えが止まりませんの♪


しっかり私を抱き締めて!


これが、本当に現実のことだと信じさせてくださいな♪」



聡と瑠璃が抱き合って、泣き崩れる姿に、花枝達も嬉し泪を堪えきれなかった、、、







泣き腫らした顔で、気恥ずかしそうに、けれども、誇らしげに、聡が、、、



聡「さあ、奥様に花枝に皆さん、忙しくなりますよ~!


気張って行動してくださいね!?


類とつくしちゃんをもっともっと幸せにする作戦、開始です♪」



花枝「旦那様、奥様、腹が減っては戦が出来ないと申します、、、


先ずは、お食事を♪」



瑠璃「そう言えば、つくしちゃんは、お食事を摂れたのかしら?」



花枝「はい、シェフがつくし様の好物ばかりを、張り切って作りまして、、、


類様が、あの、、、」



聡「なんだい?


はっきり言いなさい♪


ま、想像はつくがね!」



花枝「は、はい!


類様が、つくし様をお膝に抱き上げて、親鳥と雛鳥のように、あ~んと口移しで、、、〃〃〃」



瑠璃「・・・まあ!〃〃〃」



聡「ぷぷ、あはは、ぷぷぷ、ヒィィィ、、、


腹が、、、


腹が痛てぇ~、、、ぷぷぷ、ヒィィィ、、、」



花枝は、類そっくりに笑いのドツボに嵌まっている聡を、びっくりして呆けて見るばかり、、、



花枝《あっ、そうか!


旦那様が類様そっくりではなくて、類様が旦那様そっくりなんですね!》


、、、などと、しょうもない事を考えておりました、、、

つくしちゃんと7人の仲間達25


5階のボス、、、



ζ「ねえ、さっき何をくすねたの?」



δ「俺は、印籠!


中に世界樹の滴が入ってるぞ♪」



χ「俺は、金とプラチナで作った百人一首と、手裏剣仕様の百人一首だ♪」



μ「二人とも、凄い♪


カルタ取りと同時に盗み取りも出来ちゃうなんて♪」



χδ「・・・〃〃〃」



τ「おい、次のボスがあそこに居るぞ!」



φ「ふ~ん、あのホールに居ると言うことは、、、」



ρ「ダンスだ!」



μ「わあい♪


φとダンス、ダンス♪


どんなドレスにしようかな♪」



τ「μ、お、俺と踊って、、、」



ρ「聞いちゃいないぜ、諦めろ!」



ζ「τは、私と踊りましょ♪


赤チームだし、、、」



θ「では、νはχとペア、残ったρは私とですわね♪」



ρ「なんだよ、俺は、残りものかよ、、、」



θ「あら、残りものには福があるって、言いませんでした?」



ρ「確かに、、、


では、残りの福と1曲お相手をお願いできますか?」



θ「もちろん、喜んで♪」


ρとθが、優雅にワルツを踊り出します、、、


χ「ν、俺達も踊ろうぜ♪」



ζ「τ、ボケッとしてないで、行くわよ♪」



3カップルが踊り終わると、、、



ボス「オホン、中々見事なワルツでした、、、」




φ「まだ、俺達は踊っていないよ♪


俺のお姫様、今宵魅惑のダンスを共に、、、」



μ「・・・〃〃〃」



二人がフロアに出ると、曲はタンゴに、、、



τ「あいつ、タンゴなんて踊れるのかよ!?」



χ「タンゴどころか、ワルツだって、ダンスと言うものを踊った姿を見たことがない!」



ρ「しっ! 凄いぜ!


息はぴったり、情熱的で、扇情的!


φの奴、μちゃん以外とは踊りたくなかった、、、というと事だったんだな!」



δ「俺だって踊りたい!


誰か相手になってくれよ♪」



ζ「だ~め♪


あの二人の後でなんて、おこがましくて踊れな~い♪」



ボス「確かに、これ以上素晴らしいダンスはないでしょう!


合格♪」



θ「では、早々に失礼いたします♪」