loveofruiのブログ

リダの類が好きで好きで好き過ぎで、とうとう妄想世界の住民になりました。定期的な更新は仕事柄できませんが、お目汚しとスルーして頂けば、幸いです。
R付きの話を全て下げました。話が続かないところは、ごめんなさい。

花嫁は誰?3

類は、つくしの成長を見守ります、、、



類《つくしは、赤ん坊のころから破壊的な笑顔だったんだ!


うおぅ! 初めて歩き出した時の嬉しそうな笑顔、可愛いい♪


しかし、良く食べる子だな~♪


何でも美味しそうに食べること!


うん? つくしは子供の頃からモテてるんだ!


和也? 和也って男だろ?


俺のつくしにまとわり付くとは、、、


こいつめ! 幼友達として今もつくしの回りをウロチョロしてるとは!


地球に着いたら、こいつから成敗してやる!


特別大きなフラグを付けとくぞ!


ほお、俺のつくしは、可愛いいだけじゃなくて、知能も指定した検索レベルより遥かに高いんだ♪


ますます気に入った♪


ん? 俺の嫁が!


男と抱き合ってる!!


ホッ! 弟の進か~♪


けど、進にも警戒フラグを付けてと、、、


はあ、これじゃ、現在までに、フラグだらけになっちまう♪


クスッ、手間の掛かる嫁だな♪


まっ、俺の相手になる奴は居ないけどね♪


それより、気を付けなくちゃいけないのは、司、あきら、総二郎だな!


あいつらも、つくしを知ったら、惚れるに決まっているからな!


司は、猪突猛進になるだろうし、あきらも総二郎も、今までの遊びと違って本気を出されたら、あの手この手の罠を仕掛けてくる厄介な相手になるだろう、、、


これは、早い者勝ち短期決戦で決めてしまいますか!



ところで、愛しの俺が嫁、つくしは、今、何処に居るかな♪


まだ階段に居るかな?》



画面を戻すと、つくしが、何かを耳にあてて、話しています、、、



《うん? あれは 携帯電話っていう物か、、、


俺も用意しておこっと♪


つくしの番号は、これだな♪


はい、登録完了と、、、


あっ、何処に行くんだ、俺のつくしは?》



滋「つくし~♪


会いたかった~♪」



つくし「ぎゃっ!、、、」



桜子「滋さん、先輩が窒息しちゃいます!」



優希「滋姉さん、つくしを離して!」



つくし「ゲホッ、ゴホッ!


滋さん、少しは手加減してくださいって!」



滋「ゴメンゴメン、、、


つい嬉しくて♪


パンパカパーン!


重大ニュースです♪


滋ちゃんと優希の美人姉妹は、とうとうこの英徳学園に転校することになりました!


これからは、毎日一緒だよ~ん♪」



優希「来週からよろしくね♪」



桜子「はあ、先輩と一緒に居たくて、転校したんですか~!?


滋さんは、学年が違うから何時も一緒は無理ですよ、、、」



滋「そこは優希が、つくしに付いて守るから大丈夫だよ~ん♪」



優希「はい、お任せあれ♪」



桜子「守るって、何からですか?」



滋「変態男どもの魔の手から守るに決まってるじゃん!


つくしは、無駄に男をホイホイ引き寄せるんだから!」



つくし「何それ?


ゴキ○○ホイホイみたいな扱いは!?


第一、男を引き寄せるなんてしていませんから!」



桜子「はあ、自覚が無いにも程があります!


こんなに美しい私達が側に居るのに、結局は先輩しか見えなくなってしまうんですから!」



つくし「それ、違うって!


貴女達が冷たくするから、気易い私に話し掛けるんだってば!


もっと優しくしてあげてよ!?


貴女達に振られた男を慰めるの、いい加減疲れるんだってば!」



桜子《それって、超鈍感な先輩にかまってもらう為、作戦『失恋して寂しい僕ちゃんを慰めて!?』ですよ!


しかし、皆、代わり映えしない作戦ですこと!


そんなチャライ方法では、先輩を落とすのは百万年早いですわよ♪》



類《ふ~ん、やっぱり取り敢えずマークしなきゃいけない強力なライバルは居ない、、、かも、、、


じゃ、司や総二郎、あきらの方を監視しないと、、、》


3年寝太郎の類君、恋の炎が燃え盛り、寝る間も惜しんで、策を張り巡らせております、、、

花嫁は誰?2

類《地球って、国どうしで争ってばかりいるんだよな、、、


戦争のど真ん中に降りるのはヤダから、、、》



船内の自室に戻り、サクサクと調べる類、、、



類《ふ~ん、そこそこ文化的で、ドンパチの少ない所っと、、、


フムフム、この島なら、簡単にバリアで他国の攻撃も防げるな、、、


住民は、どんな奴らかな?


低俗な女は願い下げ、、、


賢くて優しくて、俺にまとわりつかない、自立した女、、、


あっ、長い艶々の黒髪で、肌は白くてスベスベで、目のパッチリした、健康な、飾らない素直な娘はと、、、


こうしてみると、俺のタイプって、静とは違うタイプだな!?


今までは、静の夫になることに何の疑問もなかったから、自分のタイプなんて考えてもいなかったな!》



そちらの星では、妻と夫の関係は、淡々としたものなんですね♪



1妻多夫とは、男が余っているんですね♪




類「木を隠すなら森の中、、、


うん、人の多い所は、、、TOKYO CITYか、、、


折角だから緑一杯のところは、、、KOUKYO?


TENNOUと呼ばれる上級職が居る所、、、


警備が厳しそうで、却下!


KOUENと呼ばれる敷地は、皆、出入り自由で見付かるリスクが高いから却下!


GAKKOUと呼ばれるSchoolか、、、


この緑の多い敷地は、、、卒業生の寄付で作られたお茶室と言う小屋があるけど、今は使われていない、、、


うん、ここに着陸しよう♪」



あきらに、宇宙船の着陸地点について相談と言う形の決定事項を伝えると、、、



類「さっ、寝よ♪」



その時、検索アラームが、ズゴーン!



類「ポポーンじゃなく、ズゴーンとは!?


ピンポイントでヒットしたのか!?」



画面を呼び出すと、、、



類「おっ! この薄ピンクの植物、桜って名前の木か、綺麗だな♪」



照準の精度が上がっていくと、、、



《!!!


この女の子!!!


可愛いい!!!


階段に立って、この子も桜を眺めているんだ♪


あっ! 危ない!


そんなに身を乗り出して、落ちたらどうすんのさ!?


へえ、花びらを集めているんだね♪


その笑顔! 俺以外に見せたらダメだよ♪




カチャカチャと操作する類、、、



《大きな黒い瞳♪


吸い込まれそうだ!


いや、是非吸い込んで欲しいな♪


わあ♪ この唇♪


ぷっくりしてて、キスしてって言ってるようだよ♪


待ってな、すぐにたっぷりしてあげるよ♪》(←オイオイ)



類の顔が、だんだん悪巧みの顔つきになって、、、



《指が勝手に動くんだ、ゴメンよ!?》



(←謝るなら、始めからやるなって!


第一、その顔!


嬉しくて嬉しくて仕方ないって顔!


絶対に本心で謝ってないよね!?)



カチャカチャ、、、



《おお、小振りで形の良い胸♪


でも、もう少し大きい方が、、、


まっ、俺がすぐ大きくしてあげるよ♪》(←オイ)



《イチゴのパンティ、可愛いいな♪


ふふ、ここも俺好み♪》(←オイッ)



《牧野つくし、、ハイスクール2年、、


へえ、もっと幼いと思った、、、


食べ頃のメロンだな》(←オイッ)



《牧野つくし、、、名前も可愛いいな♪


父親は牧野晴男、母親は牧野千恵子、、、


弟がいるんだ! 弟は牧野進、、、


そっちでは、弟と結婚出来ないのか、、、


良かったね、ライバルじゃない進、、、


俺に消されずに済んだよ》(←ひぇ~)



《自宅は、、、何これ!?


俺の嫁の実家がこれでは、つくし、苦労しているね♪


ここは、俺が、チョイチョイと、、、》



つくしが 生まれた年に遡り、父親の銀行口座を操作して、株で利益を得たように残高を増やしていった、、、



つくしと進が産まれてから、祖父からつくしと進への遺産として、父親や母親が使い込めない基金を立ち上げた、、、

俺の女神5

類「つくし、アルマン王子達にお暇するよ、ご挨拶して♪」



類に抱かれたまま、恥ずかしそうにお暇の挨拶をするつくし、、、



《可愛いい♪ やっぱり、簡単には諦められないな、、、


花沢が、隙を見せたら容赦しないぞ!》



頭上で交わされる男達の火花にも気付かず、抱かれたまま当然の如く、類のリモに乗せられ、、、



類「ほら、つくし、後輩にサヨナラして♪」



桜子《桜子って綺麗な名前があるんですってば!、、、って言うだけ無駄ですわね、、、


私の呼び名は、後輩で決まりですわね、、、》



桜子「つくし先輩、明日のランチは例のイタリアンで11時で、滋さんと優希さんには、私の方で連絡しておきますから、、、


では、花沢さん、先輩、また明日♪」



類《ふ~ん、俺が明日もつくしを捕獲するって、分かってるんだ、、、》



類「ほら、手を振ってサヨナラだよ♪」



抱かれていることに恥ずかしくて、顔を紅くしながら、素直に桜子に手を振るつくし、、、



桜子「では、花沢さん、呉々も先輩を安全に送ってくださいね♪」



桜子《信用して預けるんですから、いきなり先輩に襲い掛からないでくださいね!》



桜子の無言のプレッシャーに、片眉を上げてニヤリと笑う類、、、



動き出したリモの中で、膝から降りようとするつくし、、、



類「まだダメ♪


運転手にこの状態、見られたくないもん、、、」


と、勃っている逸物をわざとビクンと動かす類、、、



運転席との仕切りがあるのに、まだ(←!)使わずに、つくしの髪を撫でながら、、、



類「綺麗な黒髪だね♪


艶々していて真っ直ぐで、、、


今後も、切ったり染めたりしちゃダメだよ♪」



チュッ♪ チュー♪



髪を撫でていた手が、首を撫で始め、、、



類「白くてスベスベしていて吸い付くような肌だね♪


つくしの首って、折れちゃいそうに細くて、チョーカーが似合いそうだね♪」



(こら! 類! 首輪を着けて、飼い主になるつもりか!?)



首を撫でながら、チュッ♪ チュー♪



片手で仕切りのボタンを押しますが、つくしはキスに溺れて、気が付きません、、、



類の手は、暫しつくしの胸を掠めるようにソフトタッチ、、、



やがて本格的な愛撫になり、、、



類のキスが、首へ、首から肩へ、いつの間にか露になった胸へと、、、



類のオイタな手は、つくしのスカートの中へ、、、



類「つくしは、もう俺のものだよ♪


俺にこんな事されちゃったから、俺以外の男とは結婚出来ないよ♪


今後は、俺以外にキスさせたり、触らせたりしちゃいけないよ、、、


分かった? つくし、返事は?」



と、愛撫の手を強める策士類、、、



つくし「あっ、あん♪


あっ、あぁっ!」



類「返事は?」



つくし「あん♪」



類「『はい』じゃないけど、可愛いいからいいや♪


もう1回、可愛いい返事しな♪」



つくし「あっ、あん♪ あぁ! あん♪」



類「良い返事だ、良い子だね♪


帰したくないな♪


うん! 今日から家にお泊まり決定♪


つくし、良いよね?」



つくし「あっ、あん♪」



気を失った着崩れた可愛いいらしい少女を抱き上げた類が、玄関につけたリモから降り、ちょっと歩き辛そうに自室に、、、



そんな類をメイド達が驚きの眼で見つめる中、メイド頭の花枝が、追いかける、、、



花枝《これは!


女性を毛嫌いして、誰も寄せ付けない類様が!


もうやっちまった、いえ、お手をつけたのですね♪


早速、旦那様、奥様に嬉しいお知らせをしなくては♪》



花枝「類様、そちらのお嬢様は?」



類「うん、俺の嫁♪


邪魔しないで♪」



花枝「はい! 絶対に誰にも邪魔させません!


で、お食事は、どうなさいますか?


ドアの外にご用意しますので、足りない物があれば、内線でお知らせ下さいませ♪


お嬢様は、具合が悪いのではないですよね?」



類「当たり前!


う~ん、刺激 強過ぎた!?」



花枝「まあ、おほほ♪


では、少なくとも10日程は、どなたともお会いにならないということで、よろしゅうございますね♪


あっ、シーツの替えは、ご入浴中に花枝が致しますので、青ボタンを押してくださいませ♪」



類「うん、流石、花枝♪」



花枝《相変わらずの単語会話ですが、ちゃんと会話出来てます!


類様、素晴らしい進歩です♪


ひとえに、そのお嬢様のお陰ですわね♪》



花枝「あの、類様、お嬢様のお名前は?


お嬢様の邸にご挨拶をしなければ、、、」



類「つくし、牧野 つくし、、、


アラビア国のアルマンも狙ってる!


カイもジョンもピエールも!」



花枝《!!!


牧野つくし様!?


類様、これは運命でございます!


類様とつくし様は、許嫁でございます!


自然消滅したご縁と思っておりましたが、、、


類様、堂々とやっちまってください!


スタミナドリンク、スタミナドリンク、、、


超強力スタミナドリンクを用意して、、、


避妊具なんか必要無し!


生が一番ですしね!


媚薬も念のため、、、


ああ、忙しい、忙しい♪》