loveofruiのブログ

リダの類が好きで好きで好き過ぎで、とうとう妄想世界の住民になりました。定期的な更新は仕事柄できませんが、お目汚しとスルーして頂けば、幸いです。
R付きの話を全て下げました。話が続かないところは、ごめんなさい。

慟哭23

「美作様、西門様、間もなく到着いたします。」



あきら「いよいよだな!」




モハメド別邸、、、



モハメド「世界の要人が集っているんだ、セキュリティはどうなっている?」



SP「はい、地下基地に最速戦闘機が常にスタンバイ。


空からの脱出用に、特注ジェットが10機、護衛用戦闘機も配備済です。


また、地下シェルターから、島の四方に配備した潜水艦への避難路も確保しております。」



モハメド「いいか、万が一の場合は、次世代である私らの子供達、特に、花沢一家とその友人を最優先に行動しろ!」



長年仕えてきた主人の言葉に、一瞬息を詰めたが、プロらしくきびきびと、、、



SP「承知いたしました!


では、有事の際は、私が花沢一家を最優先に誘導いたします。


他のお客様のお子様方は、有事の訓練を受けていらっしゃいますので、各々サブリーダーを付けております。


他にご指示がなければ、失礼いたします。」



モハメド「君にも、花沢一家の重要性が理解出来ているようだな♪


くれぐれも頼んだぞ!」



SPが、静かに黙礼して立ち去ります、、、



「モハメド様、美作様、西門様がアリババの間にご到着です。」



アリババの間、、、、



モハメド「モハメドです。


美作君と西門君だね♪


急なお招きにも拘らず、遠路遙々といらして頂き、ありがとう、、、


類君もだが、実物のほうがずっと美男子ですな♪」



類の名が出たことに色めき立つ二人、、、



あきら「お招きありがとうございます。


お陰さまで快適な旅を満喫させて頂きました。


ところで、類をご存じなのでしょうか?


私達が、行方を調べても捕まらなかったのは、貴方の力が働いていたのですね?」



総二郎「どうか、類が何処に居るのか、無事で居るのか、教えて頂けませんか?」



モハメド「勿論、、、」



桔梗「こら、そっちに入ってはいけませんって~


紫苑、藍、戻ってらっしゃい~!


紅、捕まえて!」



紅「あ、ムスタファ、ドア開けちゃ駄目だってば~!」



紫音「モハメド、見っけ♪


あっ! ごめんなさい、お客様で、、、


!!!


あきらと総二郎だ!


こんにちは♪」



藍「こんにちは♪」



類にそっくりな男の子に、言葉もなく魅入る二人、、、

奥様は魔女10




つくし「類~♪


やん、もう駄目だってばぁ~♪」



類「仕方ないな~


じゃ、シャワーして食事にしよっか♪」



つくし「類、お先にどうぞ♪」



類「一緒に、、、」



つくし「、、、入りません!


類ったら、体力底無しなんだもの、、、」



類「つくしのケチ!


いいよ、今晩たっぷり可愛いがるから♪」



鼻唄交じりにシャワーに行く類、、、



つくし「・・・〃〃〃


???!!!


あれ? なんだか魔力が?」



*可愛いいつくし、魔力が戻った♪


*素敵な進が、封印の珠を持ってきた♪


*珠の封印、長老解いた♪


*進、類様の父上母上を連れて♪


*進、お城に戻って行った♪


*類様の父上母上の伝言♪


*『しばらく二人で楽しんで』『類君、子作り頑張って』♪


*だから、類様、頑張って♪



類「ふ~ん、つくしのご両親への挨拶よりも、子作りを頑張れ、、、ってか♪


流石、俺の両親♪


では、遠慮なく♪」



つくし「類! 遠慮したことなんて無かったくせにぃ♪」



類「つくしは、俺に愛されるの、嫌?」



つくし「〃〃〃嫌じゃ、、ない、、、」



類「じゃ、問題無いね!?


頂きます~♪」



つくし「類~~〃〃〃」



一方、魔王の城に到着した、類父と類母、、、



晴男「ようこそ、いらっしゃいませ♪」



千恵子「つくしがお世話になっております♪


どうぞ、お掛けください♪」



案内されたリビングの、目の前に広がる異様な光景に、固まる類父母、、、



晴男「どうぞ、中に入って♪」



晴男が、掘り炬燵の掛布団を捲って、誘います、、、



類父母は、おっかなびっくり掘り炬燵に腰を落ち着けます、、、



聡「おお! なんて暖かくて気持ちが良いのでしょう♪」



瑠璃「私達、ほとんどフランス住まいで、洋風の生活なのです、、、


この掘り炬燵って初めてです!


とても落ち着けますわ♪」



と、改めて部屋を見回すと、、、



暖炉やシャンデリア、猫足のカウチなどロココ調の部屋の真ん中に、、、



敷き畳と掘り炬燵!!!



そして、炬燵の上には、お約束の籠一杯のみかん♪



とんでもないミスマッチな部屋なのに、何故か居心地良く、勧められるまま、みかんを剥いている類父母、、、



メルヘンだわ~~(←オイ)



瑠璃「貴方、我が家にも、この掘り炬燵を作りたいわ♪」



聡「そうですね、全ての邸に作りましょう♪」



瑠璃「日本の邸も外見は武家屋敷ですが、内装は洋式なのです、、、


類も炬燵は未経験ですわ♪


きっと喜びますわ♪」



聡「Zzzzzz.....」



瑠璃「貴方ったら♪


私も眠く、、、


Zzzzzz......」



進「フランスから帰国して間もないから、お疲れなんだね♪」



千恵子「じゃ、今のうちに晩御飯の準備をしましょうか?」

慟哭22

モハメドの迎えのジェット内で、、、



総二郎「あきら、何故、俺達なんだ?


何故、親父達では無いんだ?」



あきら「俺が知るかよっ!?


しかも、モハメドの別荘だぞ!?


今まで招待された日本人はいない、、、


何故俺達なのか、俺が教えて欲しいよ!」



総二郎「まあ捕って喰われる訳じゃないだろうから、、、」



あきら「しかし、極秘の招待というか拉致に等しい、いきなりのお迎えにはびっくりしたな、、、」



総二郎「俺達二人で飲んでいるところに、美女のお誘いを装った招待だなんて!


俺達の行動を完全に把握しているな!」




---回想---



あきらの個人的なバーで、、、



総二郎「よっ♪


どうした?


急に呼び出すなんて!?」



あきら「ああ、急に悪かったな、、、


夫人には言って来たのか?」



総二郎「あきらと一緒に飲むと言えば、何も言わんさ、、、


それでなくとも、子供に弟子に手一杯だからな、、、


あきらんとこは ?」



あきら「品行方正な愛妻家の家元と飲むと言えば、にっこり送り出してくれたよ、、、」



総二郎「品行方正ね!


どんな女も大した違いはない、、、


事後の虚しさは皆同じ、、、


だが、子供は違う、、、


子供がこんなに可愛いいものだなんて、思いもよらなかったぜ♪


子供は何人でも欲しいな♪


だから、少なくとも、家元夫人との事後には、虚しさはない、、、


それに、浮気は子供も苦しめるからな、、、」



あきら「お前は、父親の浮気で苦しんだからな、、、


幼子の厭世感は、半端なかったぜ!」



総二郎「お前んとこは、父親の浮気は無いが、母親と妹達に振り回される日常だったな、、、


大人の女性に魅力を感じるようになったのも、理解出来るぜ、、、」



あきら「その大人の女性にも振り回される俺って、、、


やっぱり、どんな女も大して違いはないのかな、、、」



総二郎「いや、一人だけ居ただろ?」



あきら「そうだな、、、


あんな女性は他には居ない、、、


だから、いつまでも忘れられない、、、」



総二郎「俺達の永遠の女性だな♪


我らの永遠の女性に乾杯♪


ところで、用は、、、」



あきら「ああ、例の画家だが、絵のタッチがどうしても気になってな、、、


風景画でも感じたんだが、例の絵を何度か見に行って、、、」



総二郎「あの画家は、あきらの思っている通り、俺達のダチだろ!


俺も、時間を見つけては、画廊に通ったぜ!


あの絵のタッチは、あいつのタッチだよ!


ましてあの女性の愛に溢れた微笑み、、、


あの笑顔が向けられる相手は、唯一あいつだけだ!


悔しいが、あいつだけが、あの笑顔を引き出せた!」



あきら「ああ、彼女をキャンバスに写しとる時の二人の空気感、、、


誰も入り込めない独特の空気感が、例の絵から立ち上っているんだ、、、


まるで、地上の楽園に居る二人、、、」



総二郎「画家の愛情が溢れた絵、、、


あの絵に題を付けるなら、『至上の愛』だな、、、」



ノックノック、、、



あきら「ああ、悪いね、今夜はもうクローズなんだ、、、


他所をあたってくれないか?」



ノックノック、、、



あきら「だから!、、、!!!」



差し出されたのは、モハメドの紋章が刻印された封書、、、