loveofruiのブログ

リダの類が好きで好きで好き過ぎで、とうとう妄想世界の住民になりました。定期的な更新は仕事柄できませんが、お目汚しとスルーして頂けば、幸いです。
R付きの話を全て下げました。話が続かないところは、ごめんなさい。

4姉妹絵巻8

パーティ当日、、、



貴士「今日は、給士に変装しないで、お前達の本来の魅力を発揮しておくれ♪


モハメドやケビン達重鎮もお忍びでいらっしゃるからね♪」






つくし「ケビンおじ様、いらっしゃいませ♪


こちら、花沢物産の社長ご夫婦と御曹子の花沢類さんです♪」



花沢聡「初めまして、花沢聡と申します。


こちらが、妻の瑠璃、息子の類です。


よろしくお付き合い願います♪」



ケビン「花沢社長、奥様、類君、初めまして♪


今後は、良いお付き合いをお願いしますよ♪


ところで、つくし! 一段と綺麗になったね♪


つくしには、息子のジョンと結婚して欲しかったんだが、、、」



類「初めまして、花沢類と申します。


お会い出来て光栄です♪


この度は、つくしと入籍を済ませて、このパーティに参加しております、、、


機会を作って頂けるのであれば、息子さんには、是非つくしと二人でご挨拶したいのですが、、、」



然り気無くもしっかりと、つくしは俺のもの宣言をする類に、ケビンも貴士も苦笑い、、、



モハメド「つくし!


結婚したって、本当だったんだね!?


残念!


息子のアブドラが、ガッカリしているよ、、、」



つくし「モハメドおじ様、お久し振りです♪


アブドラには、カリーナがいらっしゃるでしょ?


冗談でも、そんな事を仰ると、カリーナに叱られますよ♪


親子でカリーナに夢中なくせに~


それより、ご紹介させてくださいな♪


モハメド、こちらが、花沢社長ご夫婦で私の新しいお義父様お義母様、そして、私の旦那様の花沢類♪


王子様みたいで素敵でしょ?」



花沢聡「初めまして、花沢聡と申します。


こちらは、妻の瑠璃、息子の類です♪


そうそうたる方達ばかりで、恐縮しております、、、


ここにいらっしゃる方達の意向で世界が動いている、、と申し上げても過言では無いのですから、、、」



類「モハメドさん、王子などでは無くつくしを愛して止まないただの男、花沢類と申します、初めまして♪」



モハメド「はあ、つくしが選んだだけあって、外見良し、気概良しの男だね♪


能力も貴士によると相当なものだと聞いているし、、、


まあ、これから一緒にプロジェクトをしていくのだから、お手並み拝見ですな!」



貴士「おいおい、まだ類君達にはプロジェクトの話をしていないんだから、、、


今日は顔合わせという事で、お手柔らかにお願いしますよ♪」




一方、料亭に到着した一行、、、



司「この料亭には、以前来たことがあるが、こんなに奥の離れがあるとは知らなかった、、、」



西門慶「ここは、隠し離れだな、、、」



美作稔「高遠専用の離れか、、、」



総二郎「高遠って、ここまで凄いのか!?」



あきら「類は、こんなに凄いところで大丈夫なんだろうか?」




会場で、、、



貴士「やあ、皆さん、いらっしゃい♪


類君達は先に着いていますよ♪」



世界の重鎮が勢揃いしているのに驚きながら、挨拶を済ませた一行の目に、、、



つくしにケーキを食べさせている類の姿が、、、



いや、キスの合間にケーキを食べさせている類、、、



司《可愛いい! 吸い込まれるような黒い瞳、白い肌、キスしたくなる紅い唇、、、 》



あきら《耀く笑顔とは、まさにあの娘のことだな!》



総二郎《可愛らしさと妖艶さを併せ持つ女性だ!


誰もが虜になってしまう幻の4姉妹って評判だが、確かにスゲエ♪》



あきら《類の奴、心配していたが、あんなに幸せそうな顔、初めて見たな♪》



皆が言葉もなく見とれていると、、、



桜子「つくしお姉さま、花沢さんのご友人達がいらしてますわ♪」



類「仕方がない、つくし、おいで♪


悪友を紹介するよ♪


でも、その前に、、、


つくし、クリームが付いてるよ!?


チュッ♪


まだ取れないね!?


チュッ♪ チュッ♪ チュー♪


よし、行くよ♪」



つくし「もう、類ったら~♪


わざとクリームをはみ出るようにしていたでしょ!?〃〃〃」



類「つくしにキスするチャンスは、逃さないよ♪」とニッコリ必殺の笑顔、、、



恥じらって顔を赤く染めるつくしの腰を抱いて、F3の元に歩いていきます、、、



可愛くも妖艶なつくしに釘付けなF3に、類達の後からついていく桜子達、、、



桜子「いつもの事ですが、私達美人3人がいるのに、皆、つくしお姉さまに釘付けになるんですわ♪」



滋「そう言う私達も、何時でもつくしに釘付けだもん♪」



優希「そうですわ、つくしの側に居たい、つくしの笑顔を見ていたいと、、、


でも、花沢さんに、つくしを取られちゃって正直寂しいです、、、」




あきら「よっ! 元気そうだな?


類、連絡くらいしろよ!?」



総二郎「携帯の電源切りやがって、何していたんだ?


心配していたんだぞ!?」



類「何していたって、それを新婚夫婦に聞く?


する事は決まっているでしょ♪


ねっ、つくし♪」



「「「!!!!!」」」



ボンと真っ赤になるつくし、、、



類《その初な様子に、男達は虜になるって!


虫避けしなくちゃ♪》



見せつけるように、つくしにディープキスする類、、、



腰砕けになったつくしを抱き締めて、、、



類「俺の妻のつくし、手を出したら殺すよ♪」


と、ニッコリ、、、


しかし類のその目は3人を射殺す程鋭く、3人の背筋に冷たいものが走る、、、



あきら「ヤベエ、気を付けないと本当に殺られんぞ!」



つくし「初めまして、花沢つくしと申します♪


類のお友達なら、私のお友達にもなってくださいね♪


よろしくお願いいたします♪」



見とれるばかりで口もきけない3人は、コクコク激しく頷きます、、、



類「つくし、つくしは俺だけのものなんだから、そいつらに愛想を振り撒かなくて良いのっ!


無視だよ、無視!」



独占欲と嫉妬とで、3人に酷い扱いをする類、、、



場を取り成すように、つくしが、、、



「私の素敵な姉妹をご紹介します♪


1つ年上の滋お姉さま、同い年の優希、1つ年下の桜子、とっても綺麗でしょ!?


私の自慢の姉妹です♪」



滋「3人の相手は私達に委せて、つくし達は好きなだけイチャイチャしてて良いわよ♪」



桜子「そうですわ、私達にお委せあれ、ねっ、優希♪」



優希「つくし達は新婚ですから、二人にしてあげましょう♪」



つくし「皆さん、次世代を継ぐ者として重荷を背負ってらっしゃいます、、、


今夜は、一時重荷を下ろしてお楽しみください♪」



類がつくしを抱き上げて退室していくのを、あんぐり口を開けたまま見送る3人、、、

4姉妹絵巻7

3人に届いたのは、ある料亭の亭主からの招待状、、、



総二郎「おい、これって!?」



あきら「類が高遠邸に居ると知った今の今、、、


しかも総二郎と俺が司の邸に居る事も把握している、、、


流石だな!」



司「表向きは料亭の亭主からの招待だが、実際は高遠からの招待だな!」



すると、3人の携帯が同時に鳴り出した、、、



総二郎「はい、家元夫人、はい、了解しました、、、」



あきら「父さんも? はい、分かりました、、、」



司「姉ちゃん、分かってんよ!


大丈夫だって!」



3人が携帯を切る、、、



総二郎「家元と家元夫人も招待された、、、」



あきら「俺の両親も、、、」



司「俺んとこは、姉ちゃんだ、、、


だが、姉ちゃんは来られない、、、」



総二郎「司、お前の父ちゃんは、、、」



司「ああ、良い状態とは言えねえな、、、」



あきら「司、お前の母ちゃんは、、、」



司「ああ、親父は極秘の海外出張中と偽っているが、いつまで隠し通せるか、、、」



総二郎「高遠は既に知っているんじゃね!?」



あきら「招待状1つで、こんなに空恐ろしい思いをさせられるなんて!」



司「ふん! こうなったらまな板の鯛だ!


どうせなら、ドンと乗っててやるぜ!」



あきら「いや、鯛じゃなく鯉な!?」



司「馬鹿言うな!


俺様は鯉じゃねえ、高級な鯛に決まってんだよ!」



総二郎「・・・司、そうやって意図せずに相手の調子を狂わせるのも作戦として有りかな?」





高遠邸で、、、



類「初めまして、花沢類と申します。


この度は、お時間を頂きましてありがとうござい、、、!!!


父さん!母さん!」



貴士「類君、いらっしゃい♪


君のご両親もいらしてね、話はおおよそ決まったんだよ♪


つくし、お帰り♪


こちらは、類君のご両親だよ♪」



つくし「は、初めまして、あの、、、〃〃〃」



類「ああ、ごめんよ、つくし♪


俺が可愛がり過ぎて、声が嗄れちゃったんだった♪


俺が話すから、つくしは俺の側にいて♪」



つくし「・・・〃〃〃」



瑠璃《可愛いい♪ なんて可愛いらしい子なの♪》



聡《可愛いいじゃないか♪


こんなに可愛いい娘が、嫁に!?


類、でかした! でかしたぞ、類!》



類「すみません、いきなりで驚かれるでしょうが、つくしお嬢様との結婚をお許しください!


もう、1秒たりとも離したく無いのです!


どうか、お願い致します!」



貴士「つくし、つくしは類君とで良いのかね?」



つくしが、コクコク頷きます、、、



貴士「つくしと類君の気持ちが決まっているなら、予定通りに進めましょう!


よろしいですかな、聡さん、瑠璃さん?」



聡「勿論です♪


ありがとうございます♪


類は、つくしちゃん以外は受け付けないでしょうから、つくしちゃんに断られたら、一生結婚出来ないでしょう!


つくしちゃん、類の父、聡です♪


つくしちゃん、類をよろしくお願いしますね♪」



瑠璃「嬉しいわ♪


つくしちゃん、類の母、瑠璃です♪


ずっと娘が欲しかったの♪


つくしちゃん、お茶やショッピングに付き合ってね♪」



類「母さん、つくしは俺のもの、、、


新婚なんだから、邪魔しないで!?」



瑠璃「もう、類のケチ!」



貴士「ハハハ、じゃ、婚姻届にサインしたら、皆さん、夕食までゆっくりお休みください♪


明日は内々の細やかなパーティの予定です、、、


僭越ながら、衣装などすべてご用意させて頂きましたが、足りないものがございましたら、部屋付きのバチェラーかメイドに何なりとお申し付けください♪



そうそう、3人の娘の紹介がまだでしたな♪


そこで盗み見している、お行儀の悪い娘達、入ってきてご挨拶なさい♪」




滋「流石、お父様、バレていましたかぁ♪


皆様、お行儀悪くてごめんなさい、、、


つくしのパパママになる方に早くお会いしたくて、、、


初めまして、高遠滋と申します、、、


類君のパパとママですね♪


つくしをよろしくお願いいたします♪」



優希「類さんのお父様、お母様、初めまして、高遠優希と申します、、、


よろしくお願いいたします、、、」



桜子「初めまして、高遠桜子と申します、、、


類さん、つくしお姉さまを一生大切にしてくださいね♪


類さんのお父様、お母様、先日のパーティの類さんったら、それはそれは凄かったんですよ♪」



類「まるで見ていたかのように、話すんだね!?」



桜子「だって、私、あそこに居たんですもの!


類さんは、見事に無視なさっていらしたけど、、、


私が、つくしお姉さまを転ばせて、、、」



つくし「ええっ!?


桜子が、私をわざと転ばせたの?」



桜子「ええ、更に一押しもしましたわ♪」



つくし「私が転んだ時、私を助けずに私が持っていたトレーを助けたんだったわね!


酷いよ、桜子~♪」



桜子「あら、そのお陰で類さんの腕の中に落ちたんですから、感謝して頂かなくちゃ♪」



つくし「・・・〃〃〃」

4姉妹絵巻6

類がつくしから離れたのは、4日目の朝、、、



類「ふ~、これ以上つくしに無理はさせられないか、、、


つくし、起きて♪


シャワーするよ♪」



うとうとしているつくしが、この数日で躾られたようで、両手を類の頚に回します、、、



つくしをそのまま抱き上げて、シャワールームへ、、、



半分寝ているつくしの体を丁寧に洗い、シャンプーも済ませ、自分も手早く洗い終わると、再び抱き上げて、、、



類「俺、癖になりそう♪


移動は抱っこで決まり♪


つくしの体と髪の毛を洗うの楽しい♪


こうやってドライヤーでつくしの髪を乾かすのも楽しい♪


これからは、俺が全部面倒見てあげるからね♪


じゃ、あ~んして?


家のシェフが、つくしの為に腕に縒りをかけて用意したんだよ♪


何時も少ししか食べない俺が、つくしと一緒だと完食してくれるって、まだ会ってもいないつくしの大ファンになっているんだって♪


花枝も、早くつくしに会いたいって♪


花枝は花沢のメイド頭で、つくしの洋服から食事まで、彼奴にバレないようにここに運んでもらっているんだ♪


今日は、花枝も帰らずにリビングで控えているから、会ってやってね?」



何ものにも無関心な類が、イチャイチャな食事を終えると、甲斐甲斐しくつくしを着替えさせる、、、


桜色のシフォンのドレス、同じ生地のリボンを髪の毛に編み込んで、自分は同じ生地のタイとポケットチーフ、、、



類「うん、花枝の見立ては流石だね♪


つくし、桜の妖精みたいだ♪


愛してるよ♪


じゃ、行こっか?」


と、つくしを抱き上げる、、、



リビングで、、、



類「花枝、この子が高遠つくし、、、


すぐに花沢つくしになるけどね♪」



花枝「まあ、なんて可愛らしい♪」



つくし「は、初めまして、、、た、高遠つくしと、、、」



花枝「まあまあ、つくし様、無理にお話しにならないでよろしゅうございますよ、、、


類様のせいで、つくし様の声が、、、


類様、もう少し手加減なさってくださいね♪


こんなに可愛らしい素敵なお嬢様なんですから、大事になさってくださらないと、、、」



類「あい、大事にしてるよ♪


大事に大事に肌身離さず、舐めるように可愛がってるんだから♪」



花枝「まっ! それはご馳走さまでございました!


オホホ、、、」








司「おい、類と連絡取れたか?」



総二郎「いや、ここ数日、携帯の電源まで切ってやがる!


花沢の家にも電話したが、類がどこに居るのか、皆目分からないと!


類の奴、どこで何してんだ!」



あきら「よっ、悪りぃ、遅くなった!」



総二郎「その顔は、何か分かったのか?」



あきら「花枝さんの動きが怪しいので、尾行を付けたんだが、類のSPにまかれちまった!


なので、今日は人員を倍増して準備していたら、花沢のSPが飛び出して行ったんだよ♪」



司「で、類はどこに?」



あきら「いや、類じゃねえ!


空港に類の両親を迎えに行ったんだよ♪」



総二郎「類の両親が!?


何か重大な事が起きているな!」



司「類の奴、誘拐されたんじゃねえだろうな!?」



あきら「それは無いな!


類の両親が、見た事が無い程嬉しそうにしていたらしいから♪


何かが類に起きているなら、喜ばしい事だな!」



司「じゃ、類の居どころを聞きがてら、類の両親に挨拶に行くか!?」



あきら「それも無い!


何故なら、花沢邸に向かっていなかったんだよ!」



総二郎「じゃ、何処に向かってたんだ?


類がそこに居るのか!?」



あきら「驚くなよ!?


高遠邸に入っていったんだよ!」



高遠邸と聞いて、ソファに凭れていた司と総二郎が、ガバッと身を乗り出す、、、



司「類もそこに!?」



あきら「いや、その時は居なかった!」



総二郎「その時はって、あんだよ!?


じゃ、、、」



あきら「そう、今は類も高遠邸に居る、、、


類の両親のリムが邸に入って間もなく、類のリムが入っていったそうだ!」



司「一体どうなってんだ!?


どうして類が!?


あのパーティの晩に何が起きたんだ!?」



コンコン、ノックノック、、、



タマ「坊っちゃん、坊っちゃんとお二人に招待状が届きましたよ、、、


何処からの招待状ですか?


何故、お二人の分もここに届いたんでしょうね?」